読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダメおじさんのプロレスライフ

ダメ人間ですが、プロレスが好きです。

新日本プロレス プロレスはアート さんぎんアリーナ大会

スポンサーリンク

どうも!プロレス大好きおじさんです!!

村田選手のボクシングですが、勝ったと思ったのですが、手数の差でポイントが付いたらしいですね。審判有りきのスポーツは難しいですね。

プロレスにも審判という名のレフェリーがいます。ラフファイターほど、違う意味でレフェリーを利用してますね。

今日は、後楽園大会とさんぎん大会の感想を語ります。

 プロレスはアートだ。これは名言ですね。

オスプレイ VS リコシェ 今年も名勝負でした。期待を裏切らない試合です。

昨年、プロレス界以外にも大きな反響を生んだ名勝負の再戦です。

おじさんも、感動しました。いままで見たことの無い様な試合内容にしびれました。

一方、彼らの試合に対しあまり良い印象を抱いていない人もいることは事実です。

プロレスではなく、体操じゃないのか?ただの芝居じゃないか?などという声です。

おじさんは良いと思うのです。プロレスは自由に自己主張、自分を表現する場所だと思います。むしろ彼らの試合は、普通の人が絶対真似できない彼らだけの世界を作っています。これもプロレスの形だと思います。

そんな、おじさんもですが、皆の注目が集まった試合ですが、やはり芸術的でした。

安定のアクロバティックな技の押収、コーナー上からのフランケンシュタイナーのかわし合戦(ここでリコシェは滑らなければ世界最高レベルの試合だったかもしれない)、この試合最大の見せ場は、オスプレイのドラゴンラナでした。本当に人間業ではありません。技の切れも申し分なく、受けるリコシェの技術も光っています。

全体的に最高レベルの試合でした。

 

三重さんぎんアリーナ大会、ベストオブスーパージュニアの戦いだけ、新日本プロレスワールドにアップされていました。

会場が昔の体育館みたいで、入場ゲートが幕の真ん中に無理やり立てた感があって、おじさん大好きでした。こういうの良いですね。隣の長机に新日のスタッフが座っている絵もシュールでした。

田口監督の人気はすごいですね。もはや本物です。おじさんてきにはどうしても色物枠という感じが抜けませんが、ファンに愛されているのは事実です。

KUSHIDAは絶不調ですね。タイガーに負けているようでは、格が下がってしまい良くないというような感じがします。

デスぺ良い感じにキャラを出していますね。鈴木軍の下っ端よりイキイキしています。BUSHIの素顔を見れたファンはラッキーですね。

 

東京は29度とかやばいですね。梅雨がなく一気に夏になりました。体調崩しそうで怖いです。棚橋選手も怪我によりシリーズ欠場です。しっかり治して再再発防止してほしいです。

 

究極の体調管理 人生を変えるハイパフォーマンス計画

究極の体調管理 人生を変えるハイパフォーマンス計画