読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダメおじさんのプロレスライフ

ダメ人間ですが、プロレスが好きです。

新日本プロレス タイガーマスクW 30話感想 男同士の愛憎劇

スポンサーリンク

どうも!プロレス大好きおじさんです。

人に使われるより、使う人間になるべきだとアニメで学び、実生活でもリンクしているおじさんです!!

哲学アニメは、本当に役に立ちますね!!

今回は、タイガーマスクW30話の感想と、久しぶりに見たワールドプロレスリングの感想を語ります!!

 ミラクルズを裏切ったタイガーマスクWこと直人さんは、当然のことながら新日のレスラーから総スカンをくらいます。当然ですよね。散々、高岡さんが助言しても効く耳を持たなかったです。

今回、哲学アニメ、タイガーマスクWが我々に伝えたかったことは

・甘い話には罠がある ということです。

直人さんは、ミスXから契約書にサインしたから試合に出てもらうと脅迫されます。

借金の保証人や、詐欺など、その手の話は五万とあります。

タイガーマスクWを楽しんでいる子供に向けた教育アニメだともいえます。

ミスXは、新日を制圧すべく試合をしろと、新日勢にいってきます。

新日のポリシーである、「いつ何時誰の挑戦でも受ける」のだから試合をするでしょうとか言っているのです。

おじさんは ??? となりました。実際新日になんのメリットもありません。普通は試合をしません。敵は勝ったら制圧でき、負けても別にデメリットはありません。一方的な条件です。

「いつ何時誰に挑戦でも受ける」なのだから、毎日一時間ごとに素人とでも対戦するんですよね??じゃあ、今日は僕と対戦してよ?明日は私と対戦してよ?いつでもだれでもいいんでしょ?ねぇ、うそつくの?なんで試合しないの????って人もたくさんでてくるかもしれません。

大人なんだからわかってほしいです。プロレスもビジネスなんです。キングオブスポーツではありますが、スポーツなんです。

逆に新日は勝ったら、新日スゲーと言われるかもしれませんが、負けたら会社は傾きます。弱者のレッテルが張られます。ビジネスマンならわかると思いますが、普通は断ります。

「いや、そう意味じゃないんで……」

って言ってくれると思いましたが、さすが男気溢れる永田さん「ぜあぁ」と承諾します。男の勝負には損得以上の問題があるのです。当然新日レスラーなら対戦を受けます。それでこそ新日レスラーです。

 

新日とミラクルズの対抗戦が始まりました。タイガーマスクWはミラクル4と勝負になりました。制裁マッチだそうです。試合は見てのお楽しみです。新日ワールドでも見れます。見たら凄さが分かります。箇条書きで書くと

・10mジャンプ&10mボディプレス

木下大サーカス

以上です。

 

今回のタイガーマスクはBL要素がありました。男同士の友情が、友人に女の匂いがした瞬間の切なさ、嫉妬、おじさんにはわかりません。完全に狙っている描写です。

 

今回も内容が盛りだくさんのタイガーマスクW、ぜひ見てください!!

冗談抜きで、ケビンがタクマに抱く感情は、そっちだと視聴者が思うような感じでしたので、制作の人は普通にやり手だと感じました。

 

男の友情―仏教人生論のすすめ

男の友情―仏教人生論のすすめ