読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダメおじさんのプロレスライフ

ダメ人間ですが、プロレスが好きです。

新日本プロレス 3.26後楽園大会 柴田組 VS オカダ組 感想

プロレス プロレスラー 新日本プロレスワールド

スポンサーリンク

どうも!プロレス大好きおじさんです!!

せっかく東京は桜が咲きかけたのに、雨とか萎えてるおじさんです!!

花粉症もキツイおじさんです!!

今回は3.26後楽園大会の感想を書いていこうと思います!!

 柴田、永田 VS オカダ、YOSHIHASHI組が後楽園大会のメインとして行われました。

最近のおじさんの押しメンである柴田ですが、良いですね。安定の昭和ストロングスタイルに、おじさんの目は釘付けです。

棚橋、中邑に比べて、一番中途半端なヤングライオン時代を過ごしていたイメージがあったのですが、

今はがっつり、プロレスをしています。しかも、少しマニアックな、時代と逆行したストロングスタイルです。

オカダの様は華やかさはないのですが、地味でありながら輝いている柴田はとても魅力的です。

試合ですが、永田さんはこの年で安定のコンディションの良さが光ります。シングルプレイヤーとしてもバリバリやれます。小島さんも、永田さんも第三世代でありながら、努力を怠っていないので、若い選手とも同等にやりあえてすごいです。

YOSHIHASHIは、昨年ブレークしましたが、このポジションに落ち着くのでしょう。名脇役としての自分の役割を全うしています。良い人感が顔に出ているレスラーです。

柴田のケンカスタイルにオカダも対応しています。オカダはすごいですね。岡本記者も言っていましたが、ケニー、鈴木と異なるスタイルの相手にも合わせられる、まさにチャンピオンですね。

柴田がYOSHIHASHIにPKで勝利しました。試合後、マイクパフォーマンスで岡田を挑発する柴田。

柴田のマイクが上達している気がします。言葉ではなく、試合で会話をする感じがした柴田ですが、

やはり言葉じゃなきゃ伝わらないこともあります。柴田の言葉は重いですね。

オカダもそれに応じ、二人の因縁は深まりました。

正直、両国のカードに不安と不満を、おじさんは感じています。

昨年のロスインゴの内藤旋風が吹き荒れていた両国に対し、マンネリ化と盛り上がりの無さが目立ちます。

それでも、柴田とオカダの試合は、すごく見たいです。

 

レッドシューズ海野の息子、183cmで男前。若いし、期待できますなぁ。

 

新日本プロレスブックス オカダの部屋

新日本プロレスブックス オカダの部屋