読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダメおじさんのプロレスライフ

ダメ人間ですが、プロレスが好きです。

新日本プロレス 3.15松本大会 柴田VSジュース ブリティッシュスタイルと家族愛

スポンサーリンク

どうも!プロレス大好きおじさんです!!

新日本プロレスワールドでは、ニュージャパンカップだけは放送してくれるのです助かっています!!

今回は、柴田VSジュースの感想を書いていきます!!

 最近の柴田はレスラーとしての色気がすごいですね。

おじさんの主観ですが、すべての相手と戦うのを見たいと思い数少ないレスラーです。

生意気とも違うレスラーとしての熱気が伝わってきます。

さて、今回の相手は最近急成長中のジュースロビンソンです。

シカゴがあるイリノイ州出身のジュースはWWEのNXT出身で実績があるのに一からやり直すために、道場に入りなおしたレスラーです。

無料で見れる新日本プロレスオンザロードで、おじさんは感動しました。

アメリカチックの家族愛、とても素敵です。子供は素直に父親を尊敬し、また父親も息子のことを心から愛している、それをはっきりと言えるところが素敵です。

好きな物は好きと言える人間に憧れます。ジュースのこの動画をぜひ見ることをオスすすめします。

家族愛に飢えているおじさんを始め、そういう人は涙なしには見れません。

こういう映像を見ると応援しないわけにはいかなくなります。レスラー一人一人の人生を掘り下げる。プロレスにとってとても大切です。感情移入してい増しました。

そんなジュースですが、柴田は勿論容赦なしのケンカストロングスタイルです。

しかし、序盤はブリティッシュスタイルで進めていきます。ザックセイバー相手だけではなく、柴田のプロレスの組み立てにブリティッシュが入ってしまったのですね。

おじさんはまだ違和感があります。柴田は古臭い昭和レスラーのイメージがあるので新しい物を取り入れす柔軟性に尊敬しつつ戸惑っています。

これもプロレスの良さですね。期待を裏切る、これも一興です。

柴田がいつものようにバチバチに蹴って、叩いて、絞めてという感じで、ジュースは少しは見せ場がありましたが、完敗でした。

ニュージャパンカップ誰が優勝するのでしょうか?オジサン的には押しメンのSANADAに勝ってほしいと思います。

ショッパイ、マイクが良くなれば一気にトップになれる逸材です。内藤からセルフプロデュース能力を学んでほしいです。

 

ゴング 7号 (Town Mook)

ゴング 7号 (Town Mook)