読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダメおじさんのプロレスライフ

ダメ人間ですが、プロレスが好きです。

新日本プロレス 後楽園大会 高橋裕次郎の不遇についてと、バレットクラブ

スポンサーリンク

どうも!プロレス大好きおじさんです!!

今回も3.1後楽園大会について書きたいと思います。

おじさんが注目していた第一試合

高橋裕次郎 VS 岡 です。

 高橋裕次郎(36)おじさんは、なぜこの選手が注目を浴びないのか不思議でありません。身長は低いのですが、体は筋肉で美しく、見た目もそこそこカッコよく、レスリングの基盤からのプロレスは、以前に比べて大分上手になった彼がなぜ注目を浴びないのか?不思議で仕方ありません。

試合内容は、裕次郎の完勝です。岡も技を出せたのですが実力が違いました。

ブッカーは、なぜ裕次郎をプッシュしないのでしょうか?今のバレットクラブの一員でいれば、レスラーとして終わってしまうように感じます。確かに、英語が堪能で画技黒人と日本人をつなぐ役割を任せられているのはわかるのですが、このまま終わる選手ではないと思います。

おじさんは、裕次郎の格を上げるために、ぜひバレットクラブを離脱するようにしてほしいと思います。

その他に、第三試合についての感想です。

第三世代の小島、天山、永田、中西のおじさん軍団 VS バレットクラブのケニー、タマ、ㇿア、ファレ の8人タッグです。

バレットクラブは第3世代を馬鹿にしています。ぜひ、第3世代に逆襲をしてほしいです。小島さんは、何度もいいますが、まだまだ若く体の切れが良いので、レジェンド枠ではなく、一線で試合をしてほしいです。8人タッグは、巡業をしていく中では、体のことを考えれば、良いことだとは思いますが、第3世代に思いを抱いたおじさん的には、少し切ないです。これも時代なんですかねぇ。

結果は、中西さんが寝て終わりました。

案外

 

BULLET CLUB ARISING パーカー?L
 

 

ファレ好きなおじさんでした。