読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダメおじさんのプロレスライフ

ダメ人間ですが、プロレスが好きです。

新日本プロレス 真壁刀義20周年記念大会 その2 真壁ニュージャパンカップ欠場

プロレス 新日本プロレスワールド

スポンサーリンク

どうも!プロレス大好きおじさんです!!

今回も、真壁刀義20周年記念大会の感想を書きたいと思います!!

それにしても、寒いです。心も体も財布の中身も寒いです。

こんな夜は、プロレスで興奮し、体を温めたいものです。

あっ、今のはうまいこと言おうとして言えなかったパターンですね、はい。

 オープニング、同期の藤田と、先輩の前田のVTRから始まります。

真壁と前田??どういうつながりか気になりましたが、普通にプライベートで会う仲らしいです。意外な組み合わせです。藤田は同期ということで、エリートと雑草という、よだれ物のストーリーが組めただろう組み合わせです。残念ですね。

そして、真壁の師匠、長州力が登場。若手時代からなんだかんだで、良くしてもらっていてタッグのパートナーに大抜擢されるくらい可愛がられているイメージです。

しかし、長州力がおめでたい席で

前座で終わると思った

とか、言ってます。しかもコメントが短いです。これが長州力です。

 

そして、試合が始まります。

 

第五試合 テンコジ、中西 VS オカダ、後藤、YOSHIHASHI 組です。

中西、天山はレジェンド枠に一歩づつ近づいていますが、小島選手はバリバリです。SANADA選手と言い、扱いがもっとよくしてもいいのでは?と思います。小島、SANADAタッグとか、すごいみたい組み合わせですね!!

試合内容は、普通です。普通の試合です。ここで語る内容ではないくらい普通です。

メイン 真壁、本間 VS 矢野、石井 組

やっぱり3WAYより、タッグの方が見ごたえありますね。矢野は結構頑張って動いていました。やはり、レスリングエリートだけあってうまいです。基礎がしっかりしているので、お笑いもいけるのです。

内容は、この試合も、いつも通りです。何度も見ている対戦だけあります。

最近すっかりクリーンファイターになった真壁のチェーンラリアットが見れたのが収穫です。やっぱり、真壁は悪党が似合いますね。今は広告塔だから仕方ないのですが。

最後に、自信をランクアップさせるためにニュージャパンカップを欠場するそうです。

試合後のコメントきくと、何をするのか秘密っぽいです。体調が気になりますが、おじさんは応援し続けます。

 

【早期購入特典あり】真壁刀義20周年記念DVD(ポストカード付)

【早期購入特典あり】真壁刀義20周年記念DVD(ポストカード付)