読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダメおじさんのプロレスライフ

ダメ人間ですが、プロレスが好きです。

新日本プロレス 真壁刀義20周年記念大会 柴田 VS 鈴木みのる  田口ジャパン VS ロスインゴ 機械トラブル

プロレス 新日本プロレスワールド

スポンサーリンク

どうも!プロレス大好きおじさんです!!

今回は、真壁刀義20周年記念大会の8人タッグ

柴田、ライガー、永田、タイガー VS 鈴木、飯塚、タイチ、金丸 組と

田口ジャパンVSロスインゴについてと、

機械トラブルで解説なし実況について語っていこうと思います。

 初めに、今回は実況がありませんでした。すごくシュールな感じで、会場の雰囲気がそのまま伝わるという利点はありますが、ライガーミラノさんがせっかくいるのに、地声だけ聞こえる摩訶不思議な感じでした。トラブルに気づいていない?とも感じました。誰に向かって話しているのか?って感じに思えました。良い意味でこれもプロレスですかね、いい意味にとらえれば。

おじさんは、3Kの仕事から帰ってきて疲れて弁当を食べながら見ているのですが、もちろんすべて見れません。興味ある試合だけ見ます。

第三試合 柴田組 VS 鈴木軍 

ハッキリ言って、良いです。良いですねーーーーー。

新たなストーリー、遺恨が発生しました。こういうのがプロレスの醍醐味です。

柴田と鈴木、意地と意地の張り合い、同じような真正面ぶつかるプロレス、予想以上にかみ合ってました。柴田最高ですね。誰に対しても噛みつく、新日の番人になっています。彼が現代のストロングスタイルを最も現わしてします。

互いに蹴りあいます。一歩も引きません。鈴木は笑います。柴田はにらみます。吸いませんが、他の六人はこの二人の引き立て役と言っても良い試合でした。

鈴木軍がいつものレフェリーを上手く利用し、勝利を収めました。

試合後もリング下の柴田を上から見下す鈴木、マイクで柴田を煽りますが、柴田は怒って鈴木に向かっていきます。おじさん大好きです。この展開はご馳走様です。

とても満足な試合でした。もちろん、互いの遺恨が生まれたので、おじさんが今後の展開を妄想できる楽しみも含めてです!

次に、田口ジャパン VS ロスインゴです。

中西さんは、リストラにあったのでしょうか?第五試合に出場するようですが、田口と棚橋が固定メンバーなのですね。ロスインゴは相変わらずかっこいいです。

試合内容は、田口が安定の面白い動きで高橋ヒロムを挑発していきます。高橋、普通に引いているように見えます。田口はまだまだ動けますね。

オジサン的には、SANADA vs KUSHIDA (アルファベット多し)が良かったです。珍しかったのもありますが、ジュニアVSヘビーという感じがすごく出ていました。SANADAはなんかもったいないですね。素材は良いのですが……

試合は、ジュースがBUSHIをフォール勝ち。

なかなか面白かった2試合です。