読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダメおじさんのプロレスライフ

ダメ人間ですが、プロレスが好きです。

新日本プロレス マンネリの恐怖

スポンサーリンク

どうも!プロレス大好きおじさんです!!

今回は、マンネリの恐怖について語ります!!

おじさんの再放送ブログのように、マンネリは怖いのです!!

 マンネリ、それは同じことの繰り返し、終わりのない終わり、お約束、通常平常運転……進行しないということです。

マンネリは悪いことではないという人もいます。おじさんもそう思う時もあるのですが、日常味わえない刺激を味わうためにプロレスを見ているので、マンネリは好きではありません。

プロレスにおいて大事なのはストーリー性です。ストーリーはブックだけではなく、人間としてのストーリー、因果関係、ジェラシーなど様々な要素が必要です。

ですが、同じ相手と、同じような理由で永遠と繰り返しが続くと、いくら面白くても飽きてきます。おじさんが大好きなカツドンも毎日だべたらあき……ませんね。今日は、昼と夜連続でカツドンを食べました。昼はコンビニ、夜はかつやです。ですが、一般的には飽きてしまいます。

最近の新日本プロレスは、正直言ってマンネリが続いています。同じ相手と抗争して、予想通りの結果が多いです。内藤選手のブレークは意外でしたが、こういう刺激を定期的になければ、いくら魅力的な状況でも飽きてしまいます。

オカダ選手の凱旋&猛プッシュの時は刺激を受けました。プッシュされるだろうと思いましたし、納得な人選でした。対オカダ選手を色々な選手で想像できるとさえ思いました。そういう意味でマンネリ打破の簡単な方法は新しい選手を入れることです。しかし、能力や魅力がない人を入れても意味がありません。ここが難しいです。

新日でも、有名選手がスポット的に参戦することがあります。しかし、人間的なストーリーを生み出すことができず、肥えたファンには人気が出ません。たとえば、桜庭選手が以前スポット参戦していました。超有名人です。プロレスの技術は劣りますが、認知度が抜群です。しかし、ストーリーが組めませんでした。難しいですね。

これからの新日ですが、大きな転換をしなければ、ファンは離れると思います。これから選手をどう活かすか、ブッカ―の手腕が問われます。

マンネリおじさんのマンネリブログのマンネリ地獄から、おじさんも解放されていです。おじさんのブログもストーリー性が必要ですね。

 

新日本プロレスリング NJPWグレイテストミュージックV

新日本プロレスリング NJPWグレイテストミュージックV