読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダメおじさんのプロレスライフ

ダメ人間ですが、プロレスが好きです。

新日本プロレス 2.11 大阪エディオンアリーナ大会 感想 その2

プロレス プロレスラー 新日本プロレスワールド

スポンサーリンク

どうも!プロレス大好きおじさんです!!


今回も昨日に続き、2.11大阪エディオンアリーナ大会の感想を述べたいと思います。

 セミファイナルとファイナルを見たのですが、大会を通して現地で見た人はラッキーだと思うような内容でした。

セミファイナル、高橋ヒロム vs ドラゴン・リー

最高の試合でした。柴田、オスプレイ戦を超える最高の試合でした

もう、おじさん、画面に向かって 「あー」とか、「ぎゃー」しか言えませんでした。もう怖いです。とても怖くて面白い試合です。ヤバいです。携帯小説並みの獄死化でできません。もうほんと、ヤバいんじゃないか?と思うような試合です。

プロってすごいんだなと正直に思いました。危険な技ばっかりなんですよ。頭は打つわ、一回転するわ、強打するわ、見てる方がハラハラします。オスプレイの危険技もハラハラでしたが、ヒロム、リーは両者とも生死をかけるレベルの技の攻防です。なんでこんな技ができるんだ?怪我するだろ?そんな印象です。この試合は、いずれワールドプロレスでも放送されるので、ぜひ、ぜひ見ていただきたいです。正直言って、おじさんはジュニアの選手がセミファイナルを行うことに関して、あまりいい感じはしませんでした。おじさんはおろかでした。愚かなおじさんです。メインでもみんな満足するレベルの試合です。内容は深くは語りませんが、人間がしていい試合ではありません。本当に価値のある試合でした。結果は、ヒロムの勝利ですが、内容に価値があります。エンディングの田口乱入も良いですね。お笑いキャラの田口がマジになって素早いアンクル、次に続くストーリーです。一気にジュニアのトップになりましたね。ヒロムに期待大です。

おじさんの採点 10点満点中9点 素晴らしい、今大会ベストです。

メインの内藤vsエルガンです。内藤の入場は相変わらず最高ですが、内藤コールがすさまじかったです。ブーイングを浴びていたのですが、内藤の人気が大爆発です。もう、新日のトップです。この試合も、危険でした。今日は危険な試合ばっかりです。内藤のねちっこい膝と骨折をさせた目を攻めるのに対し、圧倒的なパワーで対抗するエルガン、思った以上に面白かったです。内藤コールが声だしに人のコールなしでも、画面越しでも伝わるほどです。デカいキャラの弱点は脚、お約束ですがすごいです。内藤の受け身の技術が高いおかげでエルガンの技が栄えます。顎を砕くのフラグも解消です。エルガンのボディプレス重さが伝わります。エルガンがえぐい技をかけています。内藤選手が受けます。内藤選手はすごいダメージを受けます。技をかける方より、受ける方が厳しいのです。それがプロレスなんです。最後はデスティーノで内藤の逆転勝利です。内藤選手は素晴らしいですね。

おじさんの採点 8.5点 最後のマイクパフォーマンスまでを含めて良かったです。一方的な攻撃で、エルガンが攻めてばかりで負けても損のしない試合でした。もう少しエルガンに痛みを感じてほしかったです。また、30分超えは長く感じました。

ロスインゴが全員ベルトを持つ展開になりました。全体的に良い大会だと思いますが、次に続く何かが欲しかったです。大阪のお客さんは、試合後も解説席に詰め寄る活気をみせすごく良い雰囲気に感じます。

おじさんに大会を通じての採点 8点 十分チケット代を取り戻せる大会だと思います。

 

内藤哲也 (スポーツアルバム No. 58)