読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダメおじさんのプロレスライフ

ダメ人間ですが、プロレスが好きです。

新日本プロレス タイガーマスクW 優しい世界

プロレス

スポンサーリンク

どうも!プロレス大好きおじさんです!!

タイピングの上達を日々実感しているおじさんです!!

今回は、タイガーマスクW、今週放送分で思ったことを書きます!!

 今週のタイガーマスクWは地方興行とメキシコ人レスラーの息子とそのマネージメントをしている母親の話でした。

ザ・サボテンというメキシカンマスクレスラーとエージェントである母親のマダムマミーがタイガーマスクWを倒すべく奮闘するという内容でした。

まず、地方の興行で田舎の小学校みたいなところに新日本プロレスのみんなが到着しました。そこで、おじいさん、おばあさんの歓迎を受けます。

そこで驚くべき画面が映し出されます。

バレットクラブであるファレが本隊と一緒に楽しく食事をしているのです。

いいんです。いいんですよ。この優しい世界をおじさんは見たいんです。

ファレがみんなと一緒に食事をしてなんの問題があるのでしょ?ファレは本当は心が優しく、日本語がペラペラで日本人に対し良い感情をもっている良い人だとはみんな知っています。バレットクラブというヒール軍団にいるので悪ぶる必要があるだけです。

地方巡業もレギュラー参戦しているみんなが愛すべきレスラーなのです。本当はみんなに優しいのです。

ほっこりしてしまいましたが、おじさんはとてもうれしいです。

話を戻します。ザ・サボテンはマミーの指示に従いタイガーマスクWを試合前にダメージを与え試合で倒そうと策略します。

その同時期にマミーや新日本プロレスの選手は温泉に行きます。お約束のサービスショットです。そのとき永田さんたちの覗いている視線を感じます。なんと村のおばあさんたちが盗撮していたのです。それも悪ぶれる様子見なく近隣の村に画像を回して集客を集めるというのではないですか。おじさんは驚きました。

タイガーマスクW面白いぞ

おじさんははじめ、昔のタイガーマスクのリメイクだと思っていましたが、高度なギャグを絡めたアニメだったのです。さすがブシロード恐れ入りました。

ザ・サボテンの妨害は失敗し、凶器のサボテンをマミーのお尻にさしてしまい、マミーに追いかけられるというギャグアニメの王道のような内容でした。

おじさんはあまり深く見ておらず、初めて見たのもつい最近で内容がいまいちわからないのですが、プロレスファンの新規開拓に役立つのではないでしょうか?来週は真壁選手特集みたいですし、今後も目が離せません。