読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダメおじさんのプロレスライフ

ダメ人間ですが、プロレスが好きです。

新日本プロレスのライバル ノアの後楽園大会について

スポンサーリンク

どうも!プロレス大好きおじさんです!!

1/24に行われてプロレスリングノアの後楽園大会について感想を書きます。

 おじさんは試合を見ていません。各サイトの情報で感想を述べます。

大会場所は、プロレスの聖地 後楽園ホール です。

JR水道橋駅や、東京メトロ南北線からとても近く(南北線はホームまで5分くらいかかるけど)全国的に有名な東京ドームや後楽園遊園地に隣接しています。(おじさんも田舎出身ですが、子供の頃から東京ドームは有名でした)

都心に近く、立地が良いので東京近郊のプロレスファンの取ってアクセスが良い場所です。

今回の大会は プロレス&お笑い をテーマにした 山田邦子さんとのコラボイベントです。

正直、おじさん的には ノアはこういうのはファン感謝イベント以外ではやってほしくなかったです。(個人の感想です。すいません)

新しいことをすると、保守的な人は否定します。現状を打破するには新しいことをするべきだとは思うのですが、ノア=硬派=受けを主体とした見せるプロレス のイメージがおじさんにはあったからです。新日はもちろんストロングスタイル=攻め=攻めの受けです。

プロレス界にはジャンルごとにすみわけができています。正統派は、新日、ノア、全日などで、お笑いを少し含んだ魅せるプロレス=ドラゴンゲート、お笑いを多く含んだ=DDTというイメージがおじさんにはあります。

初見では、どこを目指しているのか?と思いました。しかも、なぜ山田さんなんだ?とも思いました。確かに高齢化社会で、退職した層が若いころ見ていた山田さんをプロレスに出すことによって、段階層を取り入れるという目的なら良いと思いますが、若い層はどうなのでしょう?おじさんも名前は知っていますが、世代ではないので、若い人はどうなのでしょう?

ノアの目指しているプロレスが正直、低能のおじさんには見えません。鈴木軍がいた時の方が、正義VS悪の構図が見えるのでわかりやすい印象です。レスラーがいないのなら、若手をドンドン雇ってドンドン出していく、ノアの看板があるのでお客さんはい見てくれています。それくらいのネームバリューなのです。

お客さんは正直です。観客数は主催者発表で613人と、新日は超満員1600人売り切れの現状を見ると正直ショックです。看板レスラーが一日に2試合してる現状をどうにか打破してほしいでしす。

おじさんは、新日のライバルはノアだと信じています。10年前観客数が減っている新日に対して、東京ドーム超満員のノア、正直憧れていました、悔しかったです。新日が大好きだったからです。ノアは、最強のライバルでいてほしい、今でも本当にそう思っています。新日大好きおじさんですが、おじさんはノアも大好きです。好きと嫌いは表裏一体、ノアの今後もチェックしていきます。