読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダメおじさんのプロレスライフ

ダメ人間ですが、プロレスが好きです。

新日本プロレス プロレスの必殺技について

スポンサーリンク

どうも!プロレス大好きおじさんです!!

今日は、おじさんが思うプロレスの必殺技について語ろうと思います。

 必殺技、読んで字のごとくです。最後に、必ず仕留める技です。必殺技を決めるまでの流れを汲んだうえでの必殺技です。

プロレスには流れがあります。序盤はレスリング的なテクニックに始まり、軽い技に始まり、投げ技、飛び技に移っていく人が多いです。自分も、相手も疲れ切って観客も満足感を感じた時に、最後の勝負を決めるときに使うのが必殺技です。

必殺技には説得力が必要です。痛みが観客に伝わりやすい投げ技、叩きつけ技を使うレスラーが多いです。新日本プロレスで言えば、後藤選手、ケニーオメガ選手、内藤選手などがいます。おじさん的には、ライガー選手のライガーボムなど、説得力を感じます。

他には、打撃技を使う人もいます。ラリアットや蹴りを必殺技に使う人が多く、オカダカズチカ選手や、小島聡選手、柴田選手などが代表的です。おじさんはラリアットは大好きですが、蹴りに関しては試合内容次第です。格闘家のようなキックは嫌いで、柴田選手ようなスピードがあるキックは好きです。一時期永田さんがやっていたハイキックはあまり好ましくなかったです。ハイキックで終わらせるのは、今までの流れを無視した感じがするのです。個人的にはですが。

飛び技を必殺技にする人も多いです。代表的な技としてムーンサルトプレスです。ジュニアの選手に使う人が多いです。ヘビー級の選手でも飛び技をする人がいますが、体重が重い分身体的なダメージも多く、膝を痛める選手が多いです。元新日本の武藤選手や、内藤選手も膝を痛めていますね。棚橋選手のハイフライフローですが、おじさんは、初めただのボディプレスじゃんと思いましたが、棚橋選手のインタビューで「100kgの大男が降ってくるのは説得力がある」という感じの記事を見てなるほどと思いました。棚橋選手は信念をもって使い続けたので、誰もが認める必殺技に自分の力で持っていきました。さすが棚橋選手です。

だいたい自分の必殺技を返されたら試合で負けます。(イッテンヨンでオカダ選手はレインメーカーを返されましたが勝ちましたが)

必殺技が決まって試合が終わればファンの納得度も高いです。

必殺技を出すまでの流れを楽しむのがプロレスですね。