読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダメおじさんのプロレスライフ

ダメ人間ですが、プロレスが好きです。

新日本プロレス 内藤哲也 プロレスラーのキャラクターと素顔

スポンサーリンク

どうも!プロレス大好きおじさんです!!

今回は、漫画喫茶で読んだ週刊プロレス内藤哲也選手と紫雷イオ選手の対談と、プロレスラーのキャラクターと素顔について語っていきたいと思います。

 今週の週刊プロレスでの、昨年大活躍のお二方の対談が掲載されていました。おじさんが、とても面白いと思った点は、ほぼ設定での制御不能な感じではなく、数年前の好青年である内藤哲也選手が紫雷(変換しづらい)イオ選手と話している点です。

これが素顔の内藤哲也なんだと思いました。漫画喫茶での立ち読みということと、脳みそが劣化していて、内容をはっきり覚えていないので、真実を知りたい方は、ぜひ買って読んでみてください。真田選手のインタビューも面白かったです。

さて、いつものように脱線しましたが、おじさんが面白いと感じた点は、内藤選手が真面目で良い人だと、文書を読んで伝わってきたところです。内藤選手は、自分が嫌だということもあり、他人に「こうしろ、ああしろ」と強要はせず、人に教える際には「こうしたらいいんじゃない?」という感じにアドバイスをするそうです。自分自身が、山本小鉄さんに言われてとてもうれしかったそうです。

そもそもプロレスラーは、自分をいかに出して世間の注目をだすか、いかに目立ち観客を沸かすか、さすが内藤選手はセルフプロデュース能力が高いだけありわかっています。命令されて、型におさまるレスラーは全く面白くありません。自分自身を表現することにより、観客は共感し、感動を与えるのがプロレスラーなのです。

同じユニットの高橋ヒロム選手が、ヤングライオン時代に指導する際に「俺ならこうするけど」と、教えていたそうです。普通にこういうこと言っちゃうところが好きです。レスラーのキャラクターとか、制御不能な内藤選手には関係ありません。むしろ、プロレスラーの時と、OFFの時は違うと堂々と言うのは新しいと思います。さすがに、そこまでは言わないでしょうが、この感覚が読んでいて面白かったです。

また、ロス・インゴベルナブデス・デ・ハポンの入会条件は、内藤選手より年下ということだそうです。先輩に気を遣わなくてよいからだそうです。LIJのプライベートはどんな感じが想像するだけで楽しいですね。イービル選手とか、ヤングライオン時代のようにニコニコしているって考えるだけ楽しいです。これも、内藤選手が言うプロレスの楽しみなんです。

なた、内藤選手は新日以外の団体は全く興味がなく、他団体やプロレス界全体の事を考える余裕がないとも言っています。おじさんも、新日以外はあまり興味がないので、内藤選手と考えが被ります。というか、多くの新日ファンはそういう人が多いと思います。だから、共感されるのでしょう。自分の贔屓のサッカーチームや野球選手のファンと似ている心境かもしれません。

ブログを書いていると、ちゃんと週刊プロレスを読みたくなってきました。漫画喫茶で読むのではなく、買おうかなと思います。