読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダメおじさんのプロレスライフ

ダメ人間ですが、プロレスが好きです。

新日本プロレス 1・4 東京ドーム大会 感想 ケニーオメガがすごすぎた

スポンサーリンク

どうも!プロレス大好きおじさんです!!

新日本プロレス1・4東京ドーム大会みてきました!!!

最高でした!!!時系列からいきたいのですが、最高の試合から行きたいと思います。

おじさん的なベストバウトは、僅差でメインイベントの オカダカズチカVSケニー・オメガ戦です。

 

セミファイナルの内藤VS棚橋の試合が良すぎました。正直もう満足するレベルです。メインを食っちまったなと誰もが思ったでしょう。

しかし、しかーし!!メインは、それと同等、それ以上の試合でした。

初めは、ケニーのターミネーターを意識したVTRをみて、やっちゃたなぁ。と思いました。日本語を喋っても、ドームもそれほど盛り上がりませんでした。

衣装も、ストリートファイターのキャラから、ターミネーター使用へ変更してました。

この時点では期待できませんでした。しかし、いざ始まってみると、すごい試合でした。ケニーが神がかった試合展開でした。

飛びまくり、受けまくり、攻めまくり・・・凄すぎます。オカダも、スタミナがすごかったです。45分過ぎても、畳み掛けるスタミナが残ってます。序盤やられまくりでしたが、すごかったです。

ケニーは新日本になくてはならない存在です。何回も危険なダイブを躊躇なくします。ビックリです。会場は沸きまくりです。受けも上手に一回転もでき、オカダの説得力を出せました。長机の受けはまさに職人技です。そして、なにより技のレパートリーと説得力です。本当に、素晴らしかったです。地味なグラウンドだけではなく、一気に流れを変える一発のチョップ、音が響きまくりです。ラフ殺法は少なかったですが、前述の長机までの流れが職人技です。ヤングバッカスもいい味を出しているのです。ケニーの終盤の畳み掛けは、G1を超えました。フランケンシュタイナーの連発、ボマイェ、スタイルズクラッシュ、失敗に終わりましたが掟破りのレインメーカー、オカダは、すでにレインメーカー、パイルドライバーを出しています。東京ドームはものすごくわいています。流れが完全にケニーです。ここで、まだ出していない片翼の天使を出して試合が終了すると誰しもが思ったでしょう。しかし、片翼の天使が失敗し、決まりません。そして、まさか、まさかのオカダ復帰の超高速レインメーカーで、大逆転勝ちを収めました。会場がおかしくなるくらいの完成に沸きました。おっさんも大興奮でした。マイクパフォーマンスや、締めもあるので、オカダが勝ちは良いと思います。しかし、ケニーは実質の勝者です。二人ともとても素晴らしい、感動しました。オカダのマイクでケニーを歴代最高の外人と認めて終了です。

おじさんは大満足でした。帰りに大勢のお客さんも、ケニーが勝つと思ったなど、多くの人が言ってました。玄人も欺かれるないようで、素晴らしかったです。素晴らしいばっかりですが、素晴らしいのです。

今回はこれで終わります。次回は詳細を書いていきます。