読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダメおじさんのプロレスライフ

ダメ人間ですが、プロレスが好きです。

生活水準を上げることは簡単だが、下げることは難しいという話

スポンサーリンク

どうも!師走だけど働いている貧乏暇なしおじさんです!!

今回は、生活水準の話を体験談を交えて語ります。

皆さんは、よくプロスポーツ選手が引退後、お金に困るという話を

聞いたことはありませんか?

例えば、年収億を超えていた人が生活に困るという話です。

生涯収入10億円を超えてた選手が、まさか!?というのは

なぜなのでしょうか?

なぜ、貯めておかなかったのか?という疑問がありますが、

それはその人自身や、家族の問題なのでここでは語りません。

おそらく、高収入を稼いでいた時の金銭感覚が治らないことが

大きな原因だと思われます。

年収5000万円の人が、月100万円のマンションに住んでいました。

都内の一等地で、広いエントランスと常駐のスタッフがいて、

セキュリティ面も一流で、とても広い部屋に住んでいました。

マンション内には住人専用のジムやプールがあり、

マンションに出入りすることだけで、優越感を感じています。

食事も、体の為だといい、とても良い食材を使った料理や、

高級店で食事をしています。夢に見た勝ち組の生活です。

そんな生活をしていましたら、成績の低下や年齢により、

懐古を言い渡されました。

自分はクビになることはないと思っていたので、とても

動揺しています。

家族にその事実を言い、第二の人生を頑張ろうと思いました。

友人の紹介で月給32万、手取り24万の仕事をすることになりました。

その場合、手取りの25%の家賃を探します。7万円です。

23区で、そこそこ都心に近い場所で7万円の物件は、

1Kや、ワンルームが良い所です。

とても古かったり、板橋、練馬、足立の交通の便が悪い場所なら

7万なら、けっこう広い部屋に住めますが、便が悪い所は嫌です。

以前はあったエントランスなんてものはなく、ドアを開けたらすぐに

狭いキッチンです。ジムなんてもちろんありません。

セキュリティは、家にいるときは、狭すぎるので万全です。

食事も自炊や弁当で済ませます。

という、ように勝ち組の生活をしていた人が庶民の生活を

できるのでしょうか?私なら厳しく思います。

そうして、勝ち組時の生活を変えられず、破産してしまうのです。

そういうのなら、初めから生活水準を上げなければ良いのです。

年収5000万円は言いすぎですが、手取り24万の一般人の場合なら、

毎日安い弁当を食べていたら、それが普通ですし、何も思いません。

部屋も狭いのが普通だと思っていたらなんとも思いません。

住む場所も都心にこだわらず、都心に勤務地があるのでしたら

川口などの埼玉県に住めばいいのです。

通勤手当がでるのなら通勤時間は少しかかりますが、長い通勤時間が

普通ならなんとも思いません。

更に低所得な、おじさんは半額弁当を毎日食べています。

おじさんの近所のスーパーは運よく閉店前は投げ売りをしているので

そういうスーパーがあります。毎日、うまし、うまし!!と言っています。

おじさんになっても、コンビニ弁当は贅沢品だと思っています。

長くなりましたが、今回は、生活水準の話をさせていただきました。

まとめると、金持ち羨ましいということです。